【第2回】近代日本の皇室財政制度~その実態と変遷~

受付終了

講座概要

講座番号 F002
開催期間 2018年1月20日(土)
回数 全1回
曜日
時間 12:55~14:25
定員 300 名
受講料 0 円
キャンパス 世田谷キャンパス 中央図書館地下1階多目的ホール
講師 山田 亮介

講座内容

天皇の退位問題を契機に、日本の「皇室」に対する関心が高まっている。本講座においては、従来あまり知られてこなかった皇室の「お金」について、様々な問題点を紹介し、さらには戦前から戦後今日に至るまで、皇室の財政制度はどのように変化したかを解説する。
①天皇の「お金」をめぐる様々な問題
皇室はどのように生計をたてているか?天皇には相続税がかかる?皇室の儀式にかかる経費は?
②憲法における皇室財政制度と皇室経済法
③戦前から戦後に至る皇室財政制度の変遷
④今後の課題

講座スケジュール

実施日 講座内容 担当講師
2018年01月20日(土) 第1回   山田 亮介

講師

山田 亮介 (やまだ りょうすけ)
国士舘大学 政経学部専任講師

受付終了

ページの先頭へ